mitate magazine



Waltz with BASHIR


昨年のカンヌ.フィルム.フェスティバルで上映されてからというもの
ずうっと 気になっていた映画 を観てきました。
一本の映画にこれほど心を揺さぶられるなんて ...。
d0090600_1733332.jpg

「戦場でワルツを」は、アリ.フォルマン監督の実体験を描いたノンフィクション。

バ-で友人と談笑していたアリは、ある一時期だけ自分の記憶が抜け落ちていることに
気付く。抜け落ちた記憶を探す彼の旅は、1982年に起きたサブラ.シャティ-ラ大虐殺とも
呼ばれた事件※ へと突き当たる。彼は一体そこで何を?

戦場で体験したあまりの絶望から、自らの心を守るために一度は記憶を封印したアリ。
しかし人間には忘れてはいけない過去がある。今再びその過去を取り戻そうと立ち上がる
彼の姿を通して、人間の強さを描いた魂の記憶。

イスラエル/パレスチナ、歴史的に俯瞰してみても複雑かつ敏感、知れば知るほど
深みに嵌り込むという非常に難解な問題でもあるけれど、上映後辺りを見回すと
一人で映画を観に訪れた若い女性の姿をあちらこちらで目にすることが出来ました。
近年数少ない、ジャ-ナリスティックな視点に溢れた力強い作品。

※複雑な諸要因が絡み合ってはいるのだけれど
この映画の背景にあるものは .....

1982年、イスラエル軍は、
敵対するパレスチナ・ゲリラの拠点を殲滅するため、
隣国レバノンへと攻め入った。

同じころ
レバノン国内の親イスラエル勢力ファランヘ党のリーダー
バシールが暗殺されるという事件が起こる。

ファランヘ党は、この暗殺はパレスチナ・ゲリラの仕業とみなし、
報復としてパレスチナ難民キャンプでの虐殺へと発展。

虐殺の直接の責任は、
この親イスラエル・ファランヘ党とされているが、
イスラエルも虐殺を傍観、加担したともみられている。
これが、「サブラ・シャティーラ虐殺事件」。
[PR]
by mitatejapon | 2009-12-07 18:37 | ワ-ルド レポ-ト | Comments(0)
<< 緑の壁 さようなら,そして ありがとう... >>


2%骨董、98% funky stuff ...
古民藝.骨董 mitate
古民藝.骨董
Gallery ULALA
店主の日常

掲載写真.テキストの
無断転載はお断り致します。 

facebook 

instagram
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
こんばんは、murmur..
by mitatejapon at 22:46
こんばんは、mitate..
by murmur1 at 18:55
よっしーなさん、明けまし..
by mitatejapon at 22:48
今年も飛躍の年となります..
by yossina-lani at 11:19
murmurさん 明け..
by mitatejapon at 14:39
あけましておめでとうござ..
by murmur1 at 22:52
よっしーなさん、またチャ..
by mitatejapon at 19:19
東京国際フォーラムですね..
by yossina-lani at 12:28
こんにちは、murmur..
by mitatejapon at 15:44
ひゃ〜、そうですか。 ..
by murmur1 at 23:11
最新のトラックバック
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
http://yanes..
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
番外はらっぱ市
from 谷根千ウロウロ
You TubeがWii..
from 生活のキーワード
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧