mitate magazine



びょうびょう 



平安時代に書かれた歴史書 『大鏡おおかがみ』 を紐解いてみると
犬が 『ひよ』 と鳴いたと書かれている。

これは濁って 『びよ』 と読むのだと考えられるのだろうけれど
江戸時代まで日本人は犬の鳴き声を 『びょうびょう』 と聞いていたらしい。

『わんわん』 という鳴き声は、江戸時代の初めからにすぎない。
昔の犬は放し飼いだったのだから、野生化して野太い声だったのだろう。


古典の中では 『今昔物語集』 にも興味深い描写がある。

そこでは、赤ん坊は 『いがいが』 泣いている。
『え〜んえ〜ん』 と比べてみてもなんとはなしに雅な雰囲気を感じてしまう。


想像力が膨らみ、五感をビンビン刺激されてくるような感覚を覚える。

子供だけでなく大人までもが、疑問を感じるでもなくそれが格好良いことかのように
新しい言葉だとか、絵文字、省略語のような言葉を普通に使う昨今の日本。


もしかしたら、日本語を勉強されている外国の方々の方が、日本人よりも
美しい日本語を知っていたり、実際に遣っているということだって
あながち無いとはいえないだろう。


言葉は、知識の源泉。

いにしえの日本語に興味を持ち知るということは
どこかイマジネーションに溢れた知的な冒険のように感じてしまうこの頃。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by mitatejapon | 2010-12-04 17:46 | 日本の美 | Comments(2)
Commented by ぺいとん at 2010-12-06 01:10 x
『犬は「びよ」と鳴いていた』、持っています。久々に取り出して読みたくなりました。 
そうそう、赤ちゃんの産声なのですが「おぎゃ~」ではなくて「おかあさ~ん」と喉を詰まらせながら呼んでくれたと今でも確信しています。 
mitate様も試しに喉を手で締めつつ叫んでみてくださいませ!
Commented by mitatejapon at 2010-12-06 17:56
ぺいとんさん。

くすくすくす....。

了解しました。人気のないところで今度こっそり試させて頂きます。うふふ...。
<< Hey baby !! 愛のかたち .... >>


2%骨董、98% funky stuff ...
古民藝.骨董 mitate
古民藝.骨董
Gallery ULALA
店主の日常

掲載写真.テキストの
無断転載はお断り致します。 

facebook 

instagram
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
こんばんは、murmur..
by mitatejapon at 22:46
こんばんは、mitate..
by murmur1 at 18:55
よっしーなさん、明けまし..
by mitatejapon at 22:48
今年も飛躍の年となります..
by yossina-lani at 11:19
murmurさん 明け..
by mitatejapon at 14:39
あけましておめでとうござ..
by murmur1 at 22:52
よっしーなさん、またチャ..
by mitatejapon at 19:19
東京国際フォーラムですね..
by yossina-lani at 12:28
こんにちは、murmur..
by mitatejapon at 15:44
ひゃ〜、そうですか。 ..
by murmur1 at 23:11
最新のトラックバック
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
http://yanes..
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
番外はらっぱ市
from 谷根千ウロウロ
You TubeがWii..
from 生活のキーワード
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧