mitate magazine



奥多摩 3





d0090600_9393120.jpg



山茶花が 咲き始めました。


季節は ぐんぐんと 進んでいき 。。。。。。。






さてと もうすこし 旅を 続けましょうか。




d0090600_9445938.jpg


川縁を 歩いておりますと・・・・・・・






こ~んなものを 発見 !!!

d0090600_9455131.jpg




急流に 揉まれ 揉まれた 針金で ありましょうか?


それにしても 見事な 造形です。







落ちていた 木の実を 拾いましてと ......

d0090600_10454417.jpg



d0090600_9545381.jpg




ちょっとだけ 早いのですが.....



” クリスマス・リース ” の 出来上がり~ 。。。。。。


って、こんなこと している 場合じゃないんだ、先を 急がなきゃ ・・・・・・





d0090600_1001352.jpg



d0090600_1004515.jpg


冬への 備えも 着々と ・・・・・・・




d0090600_1021369.jpg


夏場は 随分と お世話になりました ・・・・・・・




d0090600_1031441.jpg


失礼して 


ちょとだけ 抜け道を させて頂いてと ・・・・・・・




d0090600_1044616.jpg


おっ、こんなところに ・・・・・・


旅路の 無事を 祈願 致しまして。。。。。。。





d0090600_1063072.jpg


はあ~、もう 沢井まで 来ちゃった。


ずいぶんと 歩いたものなあ~~~。




d0090600_1081465.jpg


欲しいけれど もう ポケットの中が 一杯に なっちゃったからな~ ・・・・・・・・・





d0090600_1094526.jpg


おっ ......



d0090600_10102258.jpg


ほお~ .....



d0090600_10104953.jpg


どっこいしょっ と .....



d0090600_1011792.jpg


折角だから ちょっとだけ 撞いて いこうっと。


天井の絵も 美しいなあ~ 。。。。。。


おっとっとっ、寄り道ばかりしていないで 先を 急がなきゃ・・・・・・・





d0090600_10141758.jpg


そうなんです。今回の旅の目的は こちらの美術館 を訪れることにありました。

ちょっとだけ調べたい事があったのと、こちらの櫛・かんざしの素晴らしいコレクションを

是非一度 この目にしたかったのであります 。。。。。。





d0090600_10181760.jpg


看板も 実に ユニークで 。。。。。




d0090600_10191092.jpg


そこでは 素晴らしい 出会いが 。。。。。。



木曽から お越しの ふるかわや の 櫛職人 古畑益朗さん・きよ子さんご夫妻とお知り合い

になることが出来まして、櫛製作の 実演を 目にする機会に恵まれました。。。。。





d0090600_10235360.jpg


言葉にするのも憚られる程の その素晴らしい技に.....



d0090600_1026116.jpg


こちらの鹿の角で 櫛の表面を磨いていきますと

驚くほどの 光沢が出てくるんですよ。。。。。。



d0090600_10281736.jpg


その手の動きに もう ただただ 眼は釘付け なのでありました。。。。。






ところで この下の 鋸の刃、なにで 出来ていると 思いますか?



時計の ぜんまいを 利用しているのだそうです。。。。。


う~ん、すごいなあ。  びっくり ......


d0090600_1028461.jpg



古畑さんは お使いになる その道具のほとんどを ご自身で 誂えてしまいます。

そして それらの道具には 全く無駄が無く 全てが実に合理的であります。

使い込まれた道具類の、 そして 匠である 古畑さんの その手の、そして

その動作の 美しいこと 美しいこと 。。。。。





d0090600_10335679.jpg


とっても堅いけれど ひと皮向きますと 木肌の大変美しい ツゲの木。



d0090600_1035426.jpg


そして その確かな腕からは それはそれは見事な 製品が生み出されていきます。


mitate も ときどき 櫛や かんざし類を 扱いますが、こうして実際に製作される

過程を目に出来ましたことは、お客様にご紹介していくうえに 於きましても非常に

有意義なひとときでありました。


古畑さんには現在のところ、その技術を伝えていく後継者はいないとのことであります。

日本の伝統工芸の世界の、多くの分野で同じような問題を抱えているとのことであります

が、こんなにも素晴らしい技術が埋もれていってしまう事は本当に残念なことであります。

そんないま わたしたちに何が出来るのか? 何をするべきなのか?




そんなことを 考え続けている 毎日でも あります 。。。。。。。





d0090600_11163123.jpg




ずいぶんと 長い旅行になってしまいましたが、お付き合い有難うございました。




おわり
[PR]
by mitatejapon | 2007-10-22 09:38 | Japon | Comments(4)
Commented by Konatu_sw at 2007-10-23 11:25
クリスマスリース、すばらしい美意識の持ち主さんなのですね、脱帽です。
この美術館、私も好きです。
プラス、お腹を幸せにしてくれる「○まごとやさん」もはずせません。
これからこの界隈、目もお腹も楽しめますね。
Commented by mitatejapon at 2007-10-23 16:35
konatuさん。

こちらの美術館、いつも気になっておりました。季節に合わせた櫛の絵柄ほんとうに素晴らしいものです。お辞儀をしたときに、ちょこんと見えるだけのものに ここまで凝るのですから、いなせですよね。。。。

「○まごとやさん」、いつも前を通るだけで、未だに入ったことがありません。いつも一杯で賑わっていますよね。

konatuさんは、この界隈 相当お詳しいようですね。次回はレクチャ-して頂こうかしら?

Commented by murmur1 at 2007-10-23 23:12 x
mitatejaponさんの最終目的はこちらでらっしゃるんですね。
こんな山奥に意味なる美術館ですね。
そして、わたしmitatejaponさんと御一緒している気持ちになりました。
mitatejaponさんの様にセンスの有る方だと流された針金と木の実で
あんな素敵なリースになっちゃうなんて、すごい!!!
Commented by mitatejapon at 2007-10-24 09:57
再び、murmurさんへ。


murmurさん、長~い旅行にご同行頂きましてありがとうございます。
そうなんです、奥多摩の山中にあるこちらの美術館、いつも気になっておりました。最近は地方の美術館の方が内容が充実していて楽しめるような気も致します。これからも、ときどき そのような場所をご紹介していけたらとも思っております。

murmurさん、お風邪を召されたとのこと、どうかお大事になさって下さいね、わたしもちょっとばかり怪しいような気が......。


<< 本日の和菓子 奥多摩 2 >>


2%骨董、98% funky stuff ...
古民藝.骨董 mitate
古民藝.骨董
Gallery ULALA
店主の日常

掲載写真.テキストの
無断転載はお断り致します。 

facebook 

instagram
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
こんばんは、murmur..
by mitatejapon at 22:46
こんばんは、mitate..
by murmur1 at 18:55
よっしーなさん、明けまし..
by mitatejapon at 22:48
今年も飛躍の年となります..
by yossina-lani at 11:19
murmurさん 明け..
by mitatejapon at 14:39
あけましておめでとうござ..
by murmur1 at 22:52
よっしーなさん、またチャ..
by mitatejapon at 19:19
東京国際フォーラムですね..
by yossina-lani at 12:28
こんにちは、murmur..
by mitatejapon at 15:44
ひゃ〜、そうですか。 ..
by murmur1 at 23:11
最新のトラックバック
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
http://yanes..
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
番外はらっぱ市
from 谷根千ウロウロ
You TubeがWii..
from 生活のキーワード
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧