mitate magazine



日本の美.番外編





のどかな 景色の中を ゆっくりゆっくりと  ・・・・・・


d0090600_16511394.jpg




向かった先は

宮城県は南部の 角田市です ...........




小川を越えますと ・・・・・・


d0090600_1655729.jpg





そこは もう  神様の領域 。。。。。


d0090600_16572362.jpg





失礼しまして ・・・・・・・


d0090600_1701490.jpg





おっ、こんなところに ・・・・・・


d0090600_1705539.jpg





おっ、こちらにも ・・・・・・・


d0090600_1731294.jpg





う~ん、こちらにも 。。。。。。


d0090600_175328.jpg





厳かな 雰囲気のなかを ゆっくりゆっくりと ・・・・・・


d0090600_177044.jpg




ひたひた ・・・・・・


d0090600_1775894.jpg



ひたひた っと ・・・・・・・






d0090600_178347.jpg



高蔵寺・阿弥陀堂です。

宮城県最古の木造建築で、治承元年(1177年)、平安末期の建立であり

平安期の阿弥陀堂建築は、宇治の平等院、大原の三千院など全国でも

7ヶ所しか現存しておりません。





d0090600_171738100.jpg



歴史の重みが あちらこちらに 。。。。。




d0090600_17183681.jpg



まずは お参りをすませてから、ご住職にお願いしまして

お堂を開けていただきました。






d0090600_17211158.jpg



ご本尊の阿弥陀如来座像。



藤原秀衡(ひでひら)とその妻が作らせたものと言われており、800年来の信仰を

集めております。現在は漆黒のお体ですが、創建時は彩金を施され、金色燦然と

光沢を放っていたそうであります。

奥州.藤原氏の栄華 ここにありですね 。。。。。






d0090600_17292844.jpg



しかし、今回どうしても見たかったものは、実はこちらの阿弥陀様なのでありました。



本尊に向かって右側に安置されているのですが、同時代の素木の阿弥陀様で、体の

中央で接ぎ合わされているのですが、その伸縮率の違いから左右の顔がずれている

大変に面白い像であります。

丈六の阿弥陀像は、腕や胸の一部を失って、胴の内部もあらわになっております。

かろうじて残った部分をもとの場所に置いてはあるのですが、寄木のそれぞれの部分も

独自に時代を経ていて、そのどちらも元のように繋がることはありません。

右手部の部品も、いくつかが膝の上にごろりと置いてはいるのですが、どれがどこにつく

ものなのかも分からないそうであります。





d0090600_9215896.jpg




d0090600_9225354.jpg




d0090600_1614068.jpg




あどけないお顔立ちなのですが、意外なほどの大きさと、異様なまでの迫力に

しばしのあいだ圧倒されておりました。






d0090600_17501969.jpg



ご住職が 「 こんなものも あるよ 」 と、ほいと掴んで見せて下さった像。


こちらだって、平安は ゆうにありそうです 。。。。。。






d0090600_17545449.jpg



木魚(もくぎょ)って、良~く 見てみますと 結構渋くて素敵でしょう???







d0090600_17555483.jpg



帰路に着こうかと ・・・・・・・・





あっ、そう そう 。。。。。。





d0090600_17563195.jpg



実は こちらのお寺には もうひとつの名物がありまして ・・・・・・






d0090600_184359.jpg



そうそう、それは こちらの お団子 なのでした 。。。。。。



緑色のものは、枝豆を擂り潰したものを塗った ずんだのお団子


もうひとつは、胡桃を擂り潰したものを塗った 胡桃のお団子



お参りのあとには どうぞお試し下さいませ。



d0090600_9273094.jpg


お茶にも ぴったりなんですよ 。。。。。。
[PR]
by mitatejapon | 2007-11-09 09:43 | 日本の美 | Comments(2)
Commented by うみ at 2007-11-10 23:06 x
このような素木の阿弥陀様は私も初めて見ました。
穏やかなお顔なのに、迫力に圧倒されたそうですね。
つぎはぎだけれども、立派なお姿です。

日々の流れに心も流されないように、目のつくところに仏像の写真を飾っています。その時代により、体型などの違いもあって、観ていて飽きませんね。
また、何処かの仏様と会えるのを楽しみにしてますので、mitateさん、よろしくお願いしますね。
Commented by mitatejapon at 2007-11-11 10:52
うみさん.


そうなんです.こちらの仏様,ほんとうに体中あちこち傷だらけ満身創痍なのに,どこか惹き付けられてしまうんですよねえ.......
図録などで見る度にずうっと気になっており,いつかこちらで取り上げてみたいなあと考えておりました.
まだまだ日本の中にも,それほどは知られてはいないけれど,魅力を感ぜずにはいられない美しいものって,たくさんあると思うんですよねえ.
出来る限り現地に足をのばして,そのようなものをお伝えできればなあと思っておりますが,仕事の合間合間になってしまいますので,どうぞ気長にお待ち下さいませ.
<< Mambo !! 本郷界隈 2 >>


2%骨董、98% funky stuff ...
古民藝.骨董 mitate
古民藝.骨董
Gallery ULALA
店主の日常

掲載写真.テキストの
無断転載はお断り致します。 

facebook 

instagram
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
こんばんは、murmur..
by mitatejapon at 22:46
こんばんは、mitate..
by murmur1 at 18:55
よっしーなさん、明けまし..
by mitatejapon at 22:48
今年も飛躍の年となります..
by yossina-lani at 11:19
murmurさん 明け..
by mitatejapon at 14:39
あけましておめでとうござ..
by murmur1 at 22:52
よっしーなさん、またチャ..
by mitatejapon at 19:19
東京国際フォーラムですね..
by yossina-lani at 12:28
こんにちは、murmur..
by mitatejapon at 15:44
ひゃ〜、そうですか。 ..
by murmur1 at 23:11
最新のトラックバック
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
http://yanes..
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
番外はらっぱ市
from 谷根千ウロウロ
You TubeがWii..
from 生活のキーワード
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧