mitate magazine



加賀百万石の城下町 3





d0090600_10554115.jpg




兼六園 といったら やっぱり ことじ灯籠 ですよねえ .....








二本足の姿が、琴の弦を支える琴柱に見えるところからこの名前が付けられました。

兼六園の シンボル的存在でもあります 。。。。。





d0090600_1057614.jpg


約11万5千㎡弱の園内でありますので、鴨たちもこの通り の~んびり 。。。。





d0090600_10574179.jpg



d0090600_10581783.jpg



d0090600_10584814.jpg



普段わたしたちが、芸術的作品やプロジェクトなどを目にする時って、既に完成

された 完璧な美しいフォルムや状態などを目にしているわけですよね。


しかしそれらを作り上げていく過程、そしてその美しさを維持していくために

人の目に触れないところで作り手の方の血の滲むような苦悩の日々、生みの努力の過程

といったものがあり、それをサポ-トするために、地道な裏方作業に従事されていらしゃ

る方々が多々存在しているわけでもあります。


こういうところにおける日本の作り手.職人さん方のクオリティ-の高さって

本当に素晴らしいものがあると思うんです。


こういう部分って大切なポイントですよね。まさに日本が世界に誇れるひとつの財産

でもあるのではないでしょうか 。。。。。。



実は mitate、その昔 茶庭師の元に弟子入りさせていただいていた時代が

ありました。


師匠と共に お寺や旅館、公共の施設、個人邸などで主として茶庭の作庭、手入れを

手掛けさせていただきました。作庭家の仕事って、仕事の技術面のことや

デザイン的センスなどはもちろんのこと、植生.土壌状態.環境配慮.樹木に

与える薬剤のことから、何トンもあるような重い石を移動させるために使う

梃子(てこ)の原理の応用,建物と庭との繋がり.調和のバランス感などなど

実に 様々な分野の知識を要求されるものでもあるのです。


そしてその過程での仕事の進め方、体の動かし方にはすべてそれなりの論理的とも

言える理由が隠されておりまして、実に哲学的な思考をも必要とされてくるのです。


こういうことって 他の分野の仕事に対してももちろん言えることだと思うのですが、

端で見ている以上に 実に奥深い世界を、現場で働く職人さん方はお持ち

なのですよね。


う~ん、こういうことをしゃべり始めますと、どんどん熱い想いがこみあげてまいりま

してとっても長〜くなりそうですので、この辺で失礼させていただきます.(笑い)

この辺りの話しはまた別の機会にどこかで書かせていただきます。



「 Art is a dirty job but somebodys got to do it !! 」



この言葉、老師匠が 常に語ってくれました言葉なのです。


mitate の 人生の指針として常に心の片隅にそっと掲げてある

いつまでも大切にしていきたい想いなのです 。。。。。。









d0090600_10592771.jpg


d0090600_10594530.jpg


d0090600_110652.jpg




もう少しだけ 夏の名残りを 楽しみませんとね 。。。。。






d0090600_1102957.jpg


石川近代文学館の向かい、甘味処 漆の実

加賀漆器「能作」の4階です。






お店の前には、漆の木を使ったインスタレ-ションが 。。。。。


d0090600_1105164.jpg


d0090600_1111589.jpg



ところで 漆の採取方法って、ご存じですか?


成長した漆の木の幹に、一筋切り目を入れましてそこからじわりじわりと

滴り落ちてくる漆の樹液を辛抱強く漆桶に集めていくのです。


実に地道な作業でもありますよね 。。。。。






d0090600_112954.jpg


甘味処 漆の実の人気メニュ-の一つがこちらの、海苔とチ-ズのホットサンド

小腹の空いたときには ぴったりなんですよ 。。。。。





d0090600_1122984.jpg


一番人気はこちら。

手作りの白玉団子と抹茶アイスクリ-ムがたっぷりと入った、抹茶クリ-ムぜんざい。

こんなに素敵な漆の器に盛られていただけますのが、また嬉しいポイント 。。。。。





d0090600_113222.jpg


こちらは 尾山神社 。。。。。


加賀藩祖、前田利家を奉った神社なのですが、高さ18.16メ-トル、第三層に5色の

ギヤマンのステンドグラスを嵌め込んだ和洋折衷の神門(重文)がシンボルであります。

陽が落ちた頃、内部にほんのりと灯りが灯されまして、遠くから眺めておりますと

それはそれは見事な美しさです 。。。。。






d0090600_113339.jpg


d0090600_1144352.jpg


d0090600_115528.jpg


d0090600_1152951.jpg


簾すだれ類だけを扱う専門のお店があったり、街中に無造作にモダンア-トが展示

してあったり、伝統的なものと現代のものとが バランス良く解け合っている

ところも 金沢の魅力のひとつです 。。。。。。。




あっ、そうそう。


金沢の町並みを一望出来る 卯辰山うだつやまの中腹には

希代の美食家.芸術家、北大路魯山人が常宿とされていた宿もあるのですよ。

黒瓦で光る城下町を眺めながら、加賀会席をいただくなんてちょっと贅沢ですよね。

そんな楽しみ方も,金沢ならではのことだとおもいます.





d0090600_1155668.jpg


d0090600_1162515.jpg


あっ、こんなところに ちいさい秋 み~つけた !!



随分と長くなってしまいました.お付き合いいただきましてありがとうございました.

おわり
[PR]
by mitatejapon | 2008-09-20 21:05 | Japon | Comments(14)
Commented by おやスケ at 2008-09-21 02:15 x
どんどん熱い想いがこみあげてまいりましてとっても長〜くなりそうですので、この辺で失礼・・・>mitateさんの熱い思いをぜひ読んでみたいですね。ぜひぜひ、お聞かせくださいまし。いくら長くてもいいですので、はい。和洋の融合した金沢特集、楽しませていただきました。
Commented by ynagamori at 2008-09-21 10:16 x
遠足や なんやかんやと行くことは多かったのに・・・・
何も知らずにいっていました。お庭の手入れのすごさだけは・・・・
感じていたかも。冬の雪つりはいつもニュースになってみていました。 自然を生かして渋い感じがするお庭っていうイメージ
しかなかったな~  見方がかわりました・・・・
Commented by umih1 at 2008-09-21 20:06
日傘にとまった蝉にまで、金沢の香りが・・・たくさんの素敵な写真にうっとりです。
茶庭師の元に弟子入りしてらしたんですね!そういう経験をしっかり身につけ心に置いていらっしゃるmitateさん、素敵です。
Commented by mitatejapon at 2008-09-21 22:00
おやすけさん.


おやすけさん,mitateの旅路にお付き合いいただきましてありがとうございます.この辺りの話は気を付けてはいるのですが,ついつい熱くなってしまうのですよねえ.そうですか,ほんとうに宜しいのですか?建築家や建築に携わっている方々は話の長〜い
人,多いんですよねえ〜(笑い)
Commented by mitatejapon at 2008-09-21 22:19
ynagamoriさん.


えっ,ほんとうに? 見方が変わられました?
そうでしたら,とっても嬉しいなあ.
現場で働かれている職人さん方って,ほんとうにすごい技術をお持ちなんですよね.ですがいまはその技術を理解して下さり,それに見合った分だけの報酬を払って下さるお施主さんが大変に少なくなってきているのが現状なのです.こういうところから優れた伝統や,巧の技の衰退が始まってくる訳なのですよね.事態はほんとうに緊急だと思います.....
Commented by mitatejapon at 2008-09-21 22:37
うみさん.


うみさん,日本の美というものを考えてみたときに当時のmitateにとりましては,建築と庭園以外には考えることが出来ませんでした.当初は庭師さんの元に通わせていただき,その仕事振りを拝見させていただいて,それをもとにレポートにまとめてみようと考えていたのです.ですがその仕事のあまりの素晴らしさに魅了されてしまったのですよね.mitateの人生におきましては掛替えのない時間でもありました.そんなこんなですのでいまでも
mitate,木鋏はさみや庭箒ほうき とっても上手に遣いこなせるんですよ.なんでしたらお庭のお掃除に伺いますよ〜〜!!
Commented by 空(くう) at 2008-09-22 12:17 x
mitateさんは引出しがいっぱいありますね~。
ホント、尊敬します。
私がぼーっと通り過ぎているところもmitateさんは
いろいろな想いを巡らし、吸収していらっしゃるんでしょうね。
mitateさんにガイドさんになって頂きたいくらいです。(笑)

裏方の方に思いを巡らす事は私も多いです。どこへ行っても。
たとえば美しいホテルへ行っても裏方が気になり観察してしまいます。
これを維持するためには?と考えてしまいます。

海苔とチーズのホットサンド、美味しそうですね。
自分で作ってみようっと!



Commented by mitatejapon at 2008-09-22 23:03
再び,空さん.


空さん,確かにですね こういう場所を訪れたときって,結構集中してあちこちを眺めておりますので,一つの場所を観終わった後にはかなりぐったりとしてしまうことが良〜くあるのですよねえ.そんなこんなで,mitateの旅は,休憩時間がとっても多かったりもするんですよね,あっちでお茶を飲み,こっちでお団子を食べ,そっちでビールに招れたりって...困ったもんだ〜 笑

遠方からのお客人,外国からのお客人などからは,とっても評判が宜しいんですよ,ガイドmitate(って,自画自賛).それでは空さん,次回の谷中ツアー ガイドmitate,雇ってみます?
お話し,長いですよ〜〜!!
Commented by murmur1 at 2008-09-23 00:44 x
金沢を堪能させて頂きました。mitatejaponさんの熱い思い、一気に読ませて頂きました。
>すべてそれなりの論理的とも言える理由が隠されておりまして、実に哲学的な思考をも必要とされてくる。
ただ一点だけを見ているだけでは、その道を極める事は出来ないのですね。ハッとさせられる言葉でした。感動してしまいました。
能作の4階ってこんな素敵なスペースになっているのですね。
海苔とチーズのホットサンド美味しそう。一寸安心しちゃった。私、たまに食パンにキリのクリームチーズを塗って、その上に味付海苔を真っ黒に載せて二つ折りにして切って食べるの好きなんです。人に絶対言えないな〜、変な人になっちゃうかも、って思っていたのですが、良いんだ食べても♪。私の場合は色気がなくてホットサンドじゃないんですけどね。
>北大路魯山人
とてもお部屋からの眺めが綺麗なんですよね。
お食事を頂いた事と、泊まった事が有りますが朝、窓から見る
家々の屋根瓦の輝いて美しかった事、雪の頃のあの辺も景色も懐石と合わせて素晴らしかったです。
mitatejaponさん、幾つ宝石箱をお持ちなんですか?
どんどん引き付けられちゃいます、私。
Commented by mitatejapon at 2008-09-23 11:27
murmurさん.


金沢マエストロの murmurさんにお褒めいただけた〜,嬉しいなあ,ほっ....!!

そうなんですよね,どうしても ある一点だけを見つめがちなのですが,道を極めるということはそれだけではいけないのだということをこのときmitateも日々感じておりました.
『木をみて森を見ず!!』 ほんとうにこの言葉通りなのですよね,どんな職業や,事柄にも通じることですよね,きっと.
まだまだ学ぶことばっかりです.人間,生涯勉強ですね.

murmurさんの海苔サンドも美味しそうですねえ.真似してみようっと.わたしの人には言えない味は,残ったスパゲティにお味噌汁を掛けて,パルメザンチーズをたっぷり振りかけていただくことなんです.ワインにもとっても合うと思っているのですが,誰にも言えないよなあと思っていました.うわあ〜,murmurさんに言ちゃったあ〜.笑い

魯山人さんの金沢でのお宿,良い雰囲気ですよねえ.お庭から眺める金沢の街並み,金沢特有の真っ黒な屋根瓦が夕陽に当たってピカピカ光る情景,わたし大好きなんですよ.そうでしたか
murmurさんもおんなじ光景を見つめていらしたんだ.なんだかとっても嬉しいな....!!

Commented by murmru1 at 2008-09-23 22:38 x
お味噌にバターを落とすのって美味しいんだから、それがチーズだって行けますよね。ミソパスタこれにチーズ。美味しいと思います。
全然変じゃないです〜。
あの、お宿から見る街並、瓦屋根、一緒の物に感動していたのですね。私も同じ物を見て感動出来るって嬉しいです。
Commented by mitatejapon at 2008-09-24 10:43
murmurさん。


日本料理の板前さんをしている友人がいるのですけど、以前こっそりと伺ったことがあるんです。予約の入った段階で、いらっしゃるお客様が外国からの方だと分かっている時には、お吸い物などにもほんの少しだけ
バタ-を落とすのだそうです。それがお客様にはとっても好評なんだそうですよ、発想を飛躍させていくことって大切ですよね。
よ~し、murmurさんにお褒めいただけたから今度お客様にもお出し
してみようかしら? へへへ.....。

あちらのお宿、山間の中腹に位置していますでしょ、たぬきの親子たちも
ときどきやって来るそうですよ。良いロケ-ションを良くご存知ですよね。。。。
Commented by murmur1 at 2008-09-24 22:51 x
外国からのお客様にはバターの隠し味、好評なんですね。
そうですか。
mitatejaponさんにヒントを得て、昨日ですね、アッツアツの釜揚げ饂飩に卵をぐりぐり、お醤油をたら〜、海苔を揉んでスダチの皮をすりおろして、最後に、熱々のお饂飩にピザ用のチーズを入れてぐりぐりしてみました。和なんですが、洋が混ざり込んできて、美味しかったです。mitatejaponさん、ヒントをありがとうございました。
Commented by mitatejapon at 2008-09-25 09:56
murmurさん。


えっ、なになに~、とっても美味しそうですよ~、こちらの一品。
お店で見掛けたら わたし絶対に注文しちゃうな、これ。

こちらはmurmurさん、お気に入りの例の稲庭饂飩ですよねえ?
酸橘すだち のアクセントに、とろけたチ-ズが合わさり絶妙なハ-モニ-を奏でているようです。さすが 味のコンダクタ-、murmurさん。
素敵なご報告ありがとうございます。mitateレシピ帖に記入させていただきました。星一つ、贈呈 。。。。笑い
<< 秋の訪れ ~ mitate ... Notre Dame de P... >>


2%骨董、98% funky stuff ...
古民藝.骨董 mitate
古民藝.骨董
Gallery ULALA
店主の日常

掲載写真.テキストの
無断転載はお断り致します。 

facebook 

instagram
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
こんばんは、murmur..
by mitatejapon at 22:46
こんばんは、mitate..
by murmur1 at 18:55
よっしーなさん、明けまし..
by mitatejapon at 22:48
今年も飛躍の年となります..
by yossina-lani at 11:19
murmurさん 明け..
by mitatejapon at 14:39
あけましておめでとうござ..
by murmur1 at 22:52
よっしーなさん、またチャ..
by mitatejapon at 19:19
東京国際フォーラムですね..
by yossina-lani at 12:28
こんにちは、murmur..
by mitatejapon at 15:44
ひゃ〜、そうですか。 ..
by murmur1 at 23:11
最新のトラックバック
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
http://yanes..
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
番外はらっぱ市
from 谷根千ウロウロ
You TubeがWii..
from 生活のキーワード
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧