mitate magazine



料理人を募る ......!!




大正14年に「星岡茶寮」という会員制料亭を始めた北大路魯山人。


魯山人が「星岡茶寮」を始めるに当り、その料理人を探している旨の記述を

したためた 小冊子を偶然目にしております 。。。。。



d0090600_1062873.jpg

                            桃山風椀:1944年



料理人を募る


応募の資格。

日本料理と限らず、美的趣味を持っている人。

絵画、彫刻、建築、、工芸等、芸術に愛着を持ち、今日まで食物道楽で変人扱いを
世間から受けるくらいの人。

そうして非常に健康な体を持った人。

時と場合、人柄と嗜好とを考えて臨機応変の料理をこしらえる。この気転と、そして美味を
解する人、後世天下に名料理人として名を遺す料理人をたった一人でもいいから見つけ
たいと思います。

(「料理人を募る」  「星岡」 35号より)




d0090600_9595563.jpg

                           鉄製置行燈:1949年



魯山人が常々語っていたといわれている言葉。


「富士山には頂上があるが、味や美の道には

 頂上というようなものはまずあるまい。」



芸術的感覚に人並み外れた才能を持っていた魯山人。

しかしその人物評は、傲岸不遜な男、という言葉が常に付きまといます。

剃刀のような鋭ど過ぎる感覚、他者のみならず己に対しても

どんなことがあっても決して嘘のつけなかった男 ....。


独立独歩、孤立無援、美を追究し続け、常に人知れぬ戦いの中に

身を置き続けていた生涯だったのでしょう 。。。。。



希代の 書家.陶芸家でもあった魯山人、食通としてもまた大変に有名でありました。

随筆などからも、日常の食事.暮らしにまでも細かな配慮をしていたことが伺い知れます。

そんな魯山人が、自身で料亭を始めるに当ってのいわば求人広告。


なんだかとってもこの方らしい文面だなあと興味深く読ませていただきましたので

皆様にもほんの少しだけ お裾分け 。。。。。



d0090600_1065479.jpg

                           双魚絵平鉢:1935年

写真:魯山人の作品の数々。何必館カタログより



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by mitatejapon | 2008-11-18 20:59 | 日本の美 | Comments(6)
Commented by at 2008-11-18 21:57 x
あらゆる面に精通していないと芸術とまでなった食文化を担えないのですね。 
ただ食べることだけならわたくしにお任せくださればよいのに~。 
どの写真も本当に素敵なのですが最後の平鉢、本当にお魚が泳いでいるようです。 
どの様なお料理が盛られたのでしょうね。
Commented by mitatejapon at 2008-11-19 11:10
ぺ-さん。


二十代の初めに、人に連れられて 九州のとある料亭でお料理をいただいたことがありました。
そちらで出されるお料理の盛りつけの美しさ、美味しさは言うまでも無いのですが、出される器のしっとりとした手触りはいままでに味わったことのない驚きをわたしの心に与えてくれました。

その器が魯山人のものであったのですけれど、器一つで料理の味がこれほどまでにも変わるものなのか、ということはほんとうに驚くべきことでもありました。

着物をお召しになると 日本の女性の美しさがひきたちますよね。

魯山人の器、って 食物の着物でもあるのでしょうね 。。。。。
Commented by Konatu_sw at 2008-11-19 18:29
見てはならないものを見せていただきました。
なぜ見てはいけないかと申しますと
み~んなほしくなるからでしょうか、
み~んな手の届かないものだからでしょうか。

mitateさんって罪つくり。。。   ふふ
いつも夢を見る思い
美しい夢を見せていただいてありがとうございます。
Commented by mitatejapon at 2008-11-20 10:11
こなつさん。


料理を盛ることにより、初めて料理も生き、器も映える。

花や水が活き、壺が際立つ。

ただ単に 料理や茶や華道といった狭い世界の中にしばられない器というものがあるとするのなら、それこそが魯山人の生み出したものなのではないのかな、というのがわたしの率直な印象でもあります。
鑑賞用という使い方もあるのでしょうが、器はやっぱり遣ってみてこそ
その生命に灯が灯るものなのではないでしょうか。でもちょっとお値段が
張り過ぎますよね、現在は 。。。。。
Commented by 空(くう) at 2008-11-20 19:20 x
美術展などで魯山人の器は何度か見ていますが、実際に魯山人の
器に盛った料理を食べたことはありません~~。
mitateさん、二十代の初めにすばらしい感動体験ですか!!
只者じゃないですね~~。(笑)
器に料理を盛って完成なのに、私、いつも器だけ見てるんですよね。
トホホ・・・。
>魯山人の器が着物
そうですね。私も着物を着た時こそ、本来のお互いの美しさが
引き立てあう様な着物姿をめざしますよ。いつのことやら。(笑)

Commented by mitatejapon at 2008-11-21 10:41
空さん。


人でも、ものでも、何事もそうなのでありましょうが、最初に受けた印象や想いって、その後のことを考えていきますととっても大切なものですよね。床の間に飾られた鑑賞陶器としてではなく、素晴らしい雰囲気の中で
美味しいお料理とともにいい器で食事をいただく喜びを味わえたことは
美の世界に携わろうと志す若者に取りましては大変にいい入門のあり方だったように思えます。生意気盛りの若者にこれほどまでの愛情を注いでいただきました方々にはいまでも頭が上がりません、感謝です。。。

うんうん、お年を召された方々の着物の見事な着こなしを目にいたしますと、「早く こういう着こなしをしてみたいなあ~!!」って、いつもわたしも
感じてしまいます。

空さん、いつの日か ばっちりと着物を着こなしまして、葛きりなどご一緒
出来ましたら 嬉しいですねえ 。。。。。。
<< "L'hom... ARIGATO >>


2%骨董、98% funky stuff ...
古民藝.骨董 mitate
古民藝.骨董
Gallery ULALA
店主の日常

掲載写真.テキストの
無断転載はお断り致します。 

facebook 

instagram
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
こんばんは、murmur..
by mitatejapon at 22:46
こんばんは、mitate..
by murmur1 at 18:55
よっしーなさん、明けまし..
by mitatejapon at 22:48
今年も飛躍の年となります..
by yossina-lani at 11:19
murmurさん 明け..
by mitatejapon at 14:39
あけましておめでとうござ..
by murmur1 at 22:52
よっしーなさん、またチャ..
by mitatejapon at 19:19
東京国際フォーラムですね..
by yossina-lani at 12:28
こんにちは、murmur..
by mitatejapon at 15:44
ひゃ〜、そうですか。 ..
by murmur1 at 23:11
最新のトラックバック
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
http://yanes..
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
番外はらっぱ市
from 谷根千ウロウロ
You TubeがWii..
from 生活のキーワード
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧