mitate magazine



おにぎり を頬張って .....



d0090600_1357115.jpg



おにぎりを 頬張りながら

こんなことを ふと 想った .......。







。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。



17世紀も末 文化絢爛たる京都。

春の とある一日 ......


当時の名だたる豪商、大名などの錚々たるメンバ-たちが
集まり、花見の宴を催した。

宴に参加した銘々が 己の権力や財力を誇示するためも有ってか
それぞれ贅を尽くした お重やお弁当を持ち寄って それはそれは
華やかな宴であった。

そんな中
ひとりだけ 竹皮に包まれた 握り飯を頬張って、平然としている者がいる。

前を 静かに流れいく 春の麗らかな小川の情景を楽しみながら
取り巻き達と群れるわけでもなく、かといって孤独な様子というわけでもない。

このひと時を楽しくかのように,ひとり静かに 粗末な握り飯を頬張っている。
それでいて 男の態度には卑屈な様子を微塵も感じさせないどころか
むしろ どこか堂々としているようにさえ見える。

周囲の者たちは この男の方を見ては,口々にせせら笑った。

『 見てご覧なさい。こんなに華やかな宴の場だというのに,まるで野良仕事の
途中でもあるかのような粗末な握り飯などを口にして。
場に そぐわぬ者、とは こういうことよのう~。
どこの誰だかは存ぜぬが,野暮なこと極まり無きよ,うほほほほ 』


そんな 周りの嘲りの様子にも,男は 全く動じない。

指に付いた米粒の最期の一つまでもを綺麗に平らげると
握り飯を包んでいた竹皮を 小舟のようにそっと前の小川へと流した。

そして 幸せそうに そっとしずかに 微笑んだ。


その竹皮の小舟が,先程 男のことを嘲り笑っていた者達の前に差し掛かった
とき その中から 一斉に 驚きの声が上がった。


『 ああっっ, こっ、これは なんだ一体 ??? 』


小川を ゆっくりゆっくり流れていく 竹皮の内側には
春の情景を描いた それはそれは見事な 蒔絵まきえ が施されていた。

つい先程まで、男のことを 嘲り笑っていた者達は為す術もなくすごすごと
無言でその場を 立ち去るしか 無かった ......。


これほどまでに 見事な演出をプロデュ-スした その男とは
誰あろう 尾形光琳 おがた こうりん、その人であった。


光琳というと、その華麗なる屏風絵ばかりがどうしてもクロ-ズアップ
されがちだけど,こんなエピソ-ドがあることだって忘れて欲しくはないな。


見せ掛けだけのものではない 真の豊かさを追い求めるということ ...。


人間としての 器の大きさ、みたいなものって きっとこういうところにも
表われてくるものなのだろう 。。。。。

光琳の生き方に 想いを馳せるとき,いつもそんなことをふとおもってしまう。


いつの間にか 小っぽけでつまらない大人に なっていやしないか?


世間で言われている 常識や、トレンドから 少々外れていたって
構わないじゃないか。 たった一度切りの人生なんだもの。


荒波に揉まれてみることだって、与えられた一生を 長い目で見つめてみれば
決して 悪いことでもないだろう 。。。。。


Boys and girls, be ambitious !!



d0090600_16245114.jpg


こんな逸話から付けられたのか、金箔を施された竹皮は 「光琳笹」 などと呼ばれ
日本料理店などで 時折目にすることが出来る。

通常の竹皮のように使い捨てにはせず、丁寧に洗って何度も何度も使われる。


今度のお休みには、おにぎりと お手製ピクルスでも持って
ピクニックにでも出掛けてみようかな。

そんな想いが ふと 閃いた .....


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by mitatejapon | 2009-01-20 10:33 | 日本の美 | Comments(6)
Commented by aya at 2009-01-20 21:52 x
素晴らしい!!
元気の出るお話ありがとうございます。
勇気づけられました。早速めもっちゃいます!
Commented by ぺー at 2009-01-21 00:23 x
ではお食事の後、そっと竹皮を小川に流してくださいね。 
わたくし、すぐ下流でお待ちしておりますから。 

光琳さんどんなお方だったのかお目にかかりたいです。

Commented by mitatejapon at 2009-01-21 17:33
ayaさん。


ayaさん、コメントありがとうございます。

こういうことを さらりと行える、って やっぱり人間としてのスケ-ルの
大きさを感じさせますよね。いまの時代 これほどまでに粋なことを
してのける方って、果たしてどれほどいらっしゃるのでしょうか。
私のまわりを ざっと見渡しましても、ちょっと思い浮かばないかな。
金銭的にはリッチなのかもしれませんけれど、心の中までは
そうそうは 磨けないものでもありますよね。
道は まだまだ遠いですねえ .....。
Commented by mitatejapon at 2009-01-21 17:41
ぺ-さん。


光琳さんって、経済的にも裕福な大店のご子息でもあったのですよね。
まあ、言うところの お坊ちゃまとでもいうのでしょうか。しかしその財産を
あっと言う間に全て使い果してしまったりと、はちゃめちゃな方でもあったそうです。しかしそこから次々に名作と呼ばれるものを産み出していく訳ですから、やっぱり相当に大物でもありますよね。
こういう人ってこれからの時代、生まれてくるのでしょうか。
こういう人がもっともっと登場してくるようですと、これからの日本ももう少し面白くなるのでしょうけれど .....。
Commented by murmur1 at 2009-01-21 20:34 x
>常識や、トレンドから 少々外れていたって
構わないじゃないか。 たった一度切りの人生なんだもの。

本当ですよね。型にはまって、皆と同じって言うのは安心感は有るかもしれないけれど、そこまで。
人生伸びる人って、やっぱりどこか違いますね。
こびない尊さ。
金箔を施した竹皮。美しいです!
今日のお話も心を豊かにしてくれました。ありがとうございます、mitatejaponさん!
Commented by mitatejapon at 2009-01-21 23:39
murmurさん.


murmurさん,わたしもね なんとなくおんなじような事を感じてしまうんです.
現代の方々って皆さん,結構,素敵な装いであったり,ライフスタイルをお持ちですよね.だけどもなんとなく 皆同じような感じで,もう出来上がっている世間の評価のようなものの中で満足されているように見えてしまうのことがあるのですよね.果たしてそれが良いことなのか,悪いことなのかはもちろん評価など出来ませんが,そればかりが全てではないと私は思います.
型破りな人こそ,これからの日本を変えていく力となるのではないでしょうか.だけど,こういう人々ってどうしても日本の暮らしや考え方に馴染めなっくって,飛び出していってしまうんですよね.こういう方々をいかにして引き止められるのか,日本の課題の一つでもありますよね....
<< いざ 富岡 !! Maceo Parker at... >>


2%骨董、98% funky stuff ...
古民藝.骨董 mitate
古民藝.骨董
Gallery ULALA
店主の日常

掲載写真.テキストの
無断転載はお断り致します。 

facebook 

instagram
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
こんばんは、murmur..
by mitatejapon at 22:46
こんばんは、mitate..
by murmur1 at 18:55
よっしーなさん、明けまし..
by mitatejapon at 22:48
今年も飛躍の年となります..
by yossina-lani at 11:19
murmurさん 明け..
by mitatejapon at 14:39
あけましておめでとうござ..
by murmur1 at 22:52
よっしーなさん、またチャ..
by mitatejapon at 19:19
東京国際フォーラムですね..
by yossina-lani at 12:28
こんにちは、murmur..
by mitatejapon at 15:44
ひゃ〜、そうですか。 ..
by murmur1 at 23:11
最新のトラックバック
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
http://yanes..
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
番外はらっぱ市
from 谷根千ウロウロ
You TubeがWii..
from 生活のキーワード
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧