mitate magazine



カテゴリ:Japon( 197 )


Beer Time 。。。。。。 



関東.甲信越地方 昨日 やっと 梅雨明け しましたね。。。。。


とは 言いましても ほんとうは もうすこし前に 梅雨明け  


していたような気も いたしますが........





夏の とある 夕暮れどき



気の置けない 仲間たちが 集まれば・・・・・・・




d0090600_15382124.jpg


More  ←
[PR]
by mitatejapon | 2007-08-02 10:12 | Japon | Comments(0)

西播磨 4 !!





かつては 因幡街道(いなばかいどう) 随一の 宿場町として 栄え

そのまま 時の 流れを 止めてしまったような町, 平福 です。



400年余り前 ここは 利神城主・池田由之が築いた城下町でした。

町を見下ろす利神山の頂きには,三層の天守と城郭を巡らせた見事な山城が

そびえていたといいます。現在は荒れ果て 石垣が残るばかりです。



城下町から宿場町へ,そして明治.大正期には,生活物資や農産物が集まる市場町として

賑わっていたといいます。



平福の知る人ぞ知る 隠れた名物を お二つ。

先ずは こんにゃく。

そして もう一つが 鹿のお肉を使ったコロッケです。



d0090600_16161931.jpg



静かな 静かな 佇まいのなかを ゆっくり ゆっくりと。。。。。

More  ←
[PR]
by mitatejapon | 2007-08-01 10:29 | Japon | Comments(4)

西播磨 3!!




播磨の国の姫路を起点に、因幡(鳥取)の国を目指す街道が、因幡街道です。


中世時代には、隠岐島に流された後醍醐天皇が、脱出する際に、京を目指して

歩かれた道でもあります。


旧因幡街道に沿って、平福の町並みを歩いてみますと,格子戸のある平入りの家々や

ナマコ壁や連子窓,袖うだちのあがる家々が,華やかなりし時代を物語っております。



大小の蔵屋敷が整然と建ち並ぶ独特の川端風景.街道に面した母屋に対して,川座敷と

呼ばれる離れは,川面を渡る涼風と,利神山の眺めを楽しむ,暮らしの知恵から生まれたそう

です。石垣の所々にある川戸は,家の中から川端へ抜けられる造りになっているそうで

実に 叙情的な 風景を 醸し出して おります。




d0090600_1662513.jpg



街道を ゆっくり ゆっくりと まいりますと。。。。。

More ←
[PR]
by mitatejapon | 2007-07-27 10:21 | Japon | Comments(4)

西播磨 2 !!



龍野から さらに 西へ 西へ。


佐用郡の 平福です。 平福は、時代劇の ロケ地としても しばしば 使われて

おりますので ご存知の方も 多いかも しれませんが、赤茶色の 土蔵と 

川屋敷が 建ち並ぶ 「 川端 風景 」 で 有名な 宿場町であります。


秋から 冬の 朝霧り の名所,そして 星の みやこ と しても 知られて おります。





d0090600_17384725.jpg



こんなにも 可愛らしい 駅を 降り立ちますと。。。。。。

More  ←
[PR]
by mitatejapon | 2007-07-24 10:09 | Japon | Comments(2)

西播磨 



播磨路の 西部に 位置する 龍野です。


以前から 一度 訪れてみたいなと おもっておりました。

訪れた日は あいにく 朝から 大雨という 一日でありました。

その分 人も少なく ゆったりと 散策して参りました。。。。。


龍野エリアは 中央部を流れる 清流・揖保川と 原生林・鶏篭山など緑豊かな自然に

抱かれた 脇坂藩・五万三千石の城下町であり、「播磨の小京都」ともいわれております。

いわずとしれた 手延べ素麺・揖保の糸 が 育まれた場所 でもあります。。。。。





d0090600_17171184.jpg



如来寺近辺には、寺院・浦川・醤油蔵などがあり、城下町の情緒が感じられます。

More  ←
[PR]
by mitatejapon | 2007-07-20 18:12 | Japon | Comments(4)

播磨路の旅へ !!



先週末 台風が ぐんぐんと 西日本へと 接近している中

播州への 旅に 出ました。 途中 大阪にて 所用を 済ませ

向かった先は 播州・姫路 です。


姫路といえば 言うまでも無く 姫路城 です。

江戸時代初期に造営された 最も 完成された 城郭建築であり、壮麗な連立式の

天守閣群をはじめ 数多くの 建物が 築城当時のままの美しい姿で 今日まで残る

唯一の城として 世界遺産にも 登録されております。





d0090600_1016083.jpg



近くに 見えるのですが これがどうして けっこう 遠いんです。

大雨・強風のため この時点で 靴の中は もう 水浸しに。。。。。


d0090600_10171117.jpg



歩いても 歩いても。。。。。。

ま、まだ ですか???


d0090600_10173071.jpg



ふう~~、やっと ここまで 参りました~!!

この時点で もう 下着の中まで 水浸し です。。。。。

夜陰に紛れ、 お堀を 泳いで 渡って来る 忍びの 気持ちが よ~く 分かります。。。。。


d0090600_1017518.jpg



石垣を 見上げますと 扇を 拡げたような 美しい 曲線美 です。

敵から 守るため 上に 行けば行くほど 勾配が きつく なっています。

もし よじ登ったとしても 上からは 熱湯や 油を 掛けられて しまうのですから

昔の 武士は 大変 ですよねえ~。


d0090600_10185237.jpg



古美術商という 商売柄 ついつい 飾り金具や 釘隠しなどの 細部にばかり 

目がいってしまいます。


d0090600_10191811.jpg



床板や 壁の板なども 良いものを 使って いるよな~~。。。。。。。


d0090600_10203042.jpg



播州瓦 も 良いよな~~!!


d0090600_10234670.jpg



あっ これは と、殿~~~~~。。。。。。。


d0090600_10205123.jpg



帰路、友人と 明石で 合流。

国宝の 阿弥陀様 の いらっしゃる 浄土堂へ。内部を お見せ 出来ないのが 残念です。


d0090600_10212253.jpg



夕暮れ時 明石大橋を 眺めながら ビールで 乾杯!!

彼方に 見えるは 淡路島

今宵は 明石の 新鮮な お魚に 舌鼓を 打ちま~す。。。。。。。


つづく.....
[PR]
by mitatejapon | 2007-07-19 11:10 | Japon | Comments(2)

にほんのまつり !!




夏だ  お盆だ  お祭りだ。。。。。


笛に  太鼓に  お囃子だ。。。。。


足袋に  浴衣に  手拭だ。。。。。


ラムネに  ビールに  たこ焼きだ。。。。。

More  ← 
[PR]
by mitatejapon | 2007-07-14 06:22 | Japon | Comments(2)

Father's day !!




おうち の 中に いる パパは 

いつも ごろごろ している けれど。。。。




だけど 本当はね 昼間の パパは すごいんだぜ。。。。





君が 数えられない ような 大きな  数字を 計算出来たり。。。。


大勢の 人たちの 前で お話しが 出来たり。。。。


君が まだ 見たこともない 国の 言葉を しゃべれたり。。。。


大きな 車を いとも 簡単に 操る ことが 出来たり。。。。


君の 大好きな ロボットのような 大きな 大きな 機械を 動かせたり。。。。


おいしい 食事を あっというまに 作ちゃったり。。。。



すごいんだぜ 君の パパって ほんとうは 。。。。



そして 君の 前では いつも 優しく ニコニコ 笑って いるだろう。。。。



なかなか 出来ないぜ 本物なんだぜ 誇りに 思って いいんだぜ。。。。



たまには 大きな 声で 言って あげなよ 簡単なんだから さあ ほら



いつも ほんとうに ありがとう おとうさん って。。。。。







d0090600_1722750.jpg

[PR]
by mitatejapon | 2007-06-16 07:27 | Japon | Comments(4)

海野宿 うんのじゅく !!



北国街道の宿駅、海野宿です。


北国街道は、中仙道と北陸道を結ぶ重要な街道で、佐渡で

採れた金の輸送や、北陸の諸大名が参勤交代で通った道で

あり、江戸との交通も頻繁で、善光寺への参拝客も多くありました。


明治に入り、国道と鉄道のルートから外れていた海野宿はそれ

が幸いし、現在もその歴史の香り高い街並みが美しく残されております。





d0090600_1116171.jpg

宿の入り口には道祖神、後ろには千曲川がゆったりと流れ・・・・・

d0090600_11184553.jpg

街道筋には本陣、脇本陣をはじめ二階造りの旅籠も残され・・・・・

d0090600_112099.jpg

お蔵と、古美術商はセットでしょう?

d0090600_1121840.jpg

養蚕には保温が大切で、火を室内で焚いたために、煙出し用の気抜き窓が

大屋根の上に取り付けられております。

d0090600_11221467.jpg

建物と建物の間には、防火に備えた卯建(うだつ)が・・・・・・

d0090600_1122417.jpg

卯建は、富裕の家でなければ出来るものではありません。

そのようなところから、「うだつがあがらぬ・・・・」という言葉が生まれました。

d0090600_11234063.jpg

美しい、海野格子や・・・・・・

d0090600_1124176.jpg

昔ながらの、なまこ壁に・・・・・・

d0090600_1125493.jpg

各々の家には昔ながらの屋号も掛けられ・・・・・

d0090600_11254434.jpg

日々の営みは続き・・・・・・

d0090600_11304930.jpg

およそ650メートルに及ぶ街道の中央には、堰(せき)と呼ばれる用水路が引かれ・・・

d0090600_11311859.jpg

子供たちにとっては、堰も、大事な遊び場です。

d0090600_1131542.jpg

力自慢の方、持ち上げてみます???

d0090600_1133143.jpg

昔からの変わらぬ笑顔が街道のそこここに溢れ・・・・・

d0090600_11334139.jpg

       また今日も陽が落ちて、家路へと・・・・・・・。



       いつの時代もやっぱり人間がいちばん素晴らしいものです。
[PR]
by mitatejapon | 2007-05-11 12:23 | Japon | Comments(4)

Oh-,Fugi-yama!!


遠州路を旅しておりました。

帰路の新幹線で、うとうととしておりますと、後ろから外国の方
の声で目が覚めました。

ちょうど、列車は三島駅に到着するところでありました。

その前方には、本当に見事な富士山が、姿を見せておりました。

年に何度も、東海道を旅しておりますが、なかなか見事な富士山に
めぐり合えることが出来ずにおりました。

こうして眺めておりますとやっぱり雄大な姿ですね。多くの画家や写真家
の方々が、その姿に魅了されてきた事、よく分かります。

日本人の心の風景の一つですね。


d0090600_10402479.jpg

いつまでもこのままの姿を残していきたいものです。
[PR]
by mitatejapon | 2007-03-20 10:42 | Japon | Comments(0)


2%骨董、98% funky stuff ...
古民藝.骨董 mitate
古民藝.骨董
Gallery ULALA
店主の日常

掲載写真.テキストの
無断転載はお断り致します。 

facebook 

instagram
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
こんばんは、murmur..
by mitatejapon at 22:46
こんばんは、mitate..
by murmur1 at 18:55
よっしーなさん、明けまし..
by mitatejapon at 22:48
今年も飛躍の年となります..
by yossina-lani at 11:19
murmurさん 明け..
by mitatejapon at 14:39
あけましておめでとうござ..
by murmur1 at 22:52
よっしーなさん、またチャ..
by mitatejapon at 19:19
東京国際フォーラムですね..
by yossina-lani at 12:28
こんにちは、murmur..
by mitatejapon at 15:44
ひゃ〜、そうですか。 ..
by murmur1 at 23:11
最新のトラックバック
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
http://yanes..
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
番外はらっぱ市
from 谷根千ウロウロ
You TubeがWii..
from 生活のキーワード
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧