mitate magazine



カテゴリ:パリ スケッチ( 48 )


ホワイト.アスパラ


フランスの春一番の味覚といえば、ホワイト.アスパラガス!!
d0090600_179476.jpg

こんな曲 を聞きながら

ただいま下拵えの途中です。
d0090600_17103755.jpg

根元の固い部分をカットし、さらに皮を剥いて茹でていきます。
d0090600_1711311.jpg

焦がしバタ-のソ-スなどを掛けてフランダ-ス風にいただくのがごく一般的な
食し方なのだけれど、ちょっぴり重くもなるので、マイルドなお手製マヨネ-ズを
ささっと拵え、すりたてのパルメザンチ-ズをぱらぱらとまぶし、半熟玉子と合わせて
いただくのが mitate風。
彩りにパセリなど細かく刻み,お皿に程よく盛りつければ上品なオードブルの完成と
なるのだが,本日は空腹のため大雑把にこのまま失礼。
d0090600_17112764.jpg

ほんのり甘さの残る白ワインに合わせてみる。
春の訪れを体で感じる喜び。
美しい季節の到来、素敵な靴でも見付けにいこう!!
[PR]
by mitatejapon | 2010-04-06 17:47 | パリ スケッチ | Comments(8)

I'm here !!


d0090600_1112155.jpg

Pari の空も段々と安定し,暖かな日が多くなってまいりました.
terraceに腰掛けるのも楽しい季節到来.
梅も満開です!!
[PR]
by mitatejapon | 2010-03-25 17:57 | パリ スケッチ | Comments(4)

The long way home



もしも mitate が、ギタ-を巧みに爪弾くことが出来るのならば .....、

d0090600_16585934.jpg

こんな曲 をしっとりとあなたに歌ってあげられるのに ....。


故郷の皆はいま頃なにをしているのだろう?
きっと いつものテラスに座り、おしゃべりに花を咲かせていることだろう。
みんな元気ですか?
『故郷は遠きにありておもうもの.....』なのかもね。 
お出汁を利かせたブイヤベ-スがとっても恋しいぞぉ。うふふ

わたしは毎日元気です。
相変わらず、休みなく朝から晩まで仕事に追われてはいるけれど、風邪などもひかず
after work には、ゆっくりと美味しいものなどもいただいておりますので
どうぞご心配なく。今晩は毛蟹と吟醸酒をいただき人心地ついているところです。
ジビエも終盤を向かえ、そろそろホワイト.アスパラガスが出始める頃だよね。
I'll be back soon!!

こちらの バ-ジョン もまた憂いがあって好きだなあ ...。
That's for you !!
[PR]
by mitatejapon | 2010-02-23 20:47 | パリ スケッチ | Comments(4)

Bonjour


d0090600_18124988.jpg

お店のショ-.ウィンドウに飾るためのヒヤシンスを植え替える。
このなんともいえない爽やかな香りが、暖かな春の空気を感じさせてくれるのだ。

テラスに腰かけ、食後のエスプレッソをいただくのには
まだまだちょっぴり早いけれど、季節は確実に一歩ずつ進んでいるのだろう。

今日のような暖かな一日には こんな曲 がよく似合う。

今年もまた春が来る
目の覚めるような綺麗な色合いのパンツを新調しよう。うふふ
[PR]
by mitatejapon | 2010-01-19 19:17 | パリ スケッチ | Comments(4)

足下あしもとにも 愛を ...


d0090600_9503770.jpg


上質なソックスを履くということは,自分だけの贅沢,そして隠されたお洒落だ
とおもっています.男性であればほぼ毎日お世話になるものでもあるだけに
選ぶ眼にもついつい力が入ります.

靴とソックスのバランスって案外難しいもので,どんな靴を履くのかにより
合わせるソックスの色合い,素材,丈なども変えてみたり,季節の風物詩的な絵柄のもの
を取り入れてみたりして,その日の気分を盛り上げるアイテムの一つでもあります.

ladiesも然り,
modeといえば靴ばっかりがクローズアップされがちな日本のファッションシーン.
見えそうでいてちらりとしか見えないソックスやストッキングなどの足下のお洒落.

足下にも気を配り,見つめてみるということ(足フェチという訳ではないぞ〜 笑い)
大人ならではの嗜み,ともいえるのではないでしょうか ....
[PR]
by mitatejapon | 2009-12-18 15:05 | パリ スケッチ | Comments(4)

緑の壁


植物を飾ろうとするならば .....、
d0090600_16402478.jpg

ちまちまっと飾り付けるのではなく
壁一面を覆ってしまうぐらいゴ-ジャスなものの方がインパクトもありますよね。
CO2削減にも貢献できますし、だいいちecoでしょ
こういう姿勢、どんどん真似していきたいものですねえ。

陽が落ちると 部屋の明かりを抑え目にして、キャンドルに火を灯すこの頃
いよいよ冬到来 ....。

Photo at Paris
[PR]
by mitatejapon | 2009-12-09 10:16 | パリ スケッチ | Comments(4)

Come away with me


う~ん、ちょっぴり冷えますねえ。

もう立冬を過ぎたのだから、これが当然なのでしょうねえ。

先週末から、ちょっぴり風邪気味でスロ-.ペ-スだったのだけど

今日辺りからいくらか持ち直してきました。


暖炉の前で のんびり温々していたいところだけど

こんな曲 を聞きながら、コ-トの襟を立てて今日も一日エレガントに活動中。(笑い)


来週はいよいよボ-ジョレ.ヌ-ボ-も解禁、今年も上々の出来映えとの事。

くう~、お楽しみ事の多い 初冬の幕開け

皆様も お風邪など召しませぬように。どうぞ素敵な週末を !!


d0090600_13154156.jpg

[PR]
by mitatejapon | 2009-11-13 17:05 | パリ スケッチ | Comments(2)

place de kyoto


んんんっ、Paris にいるのに Kyoto ???
d0090600_1733186.jpg

そのわけは .....
パリで暮らす日本人のみならず、日本に興味を寄せるパリジャン.パリジェンヌで
連日大賑わい。 15区.パリ日本文化会館 

日本の文化に関する様々な展示や講演、ワ-クショップ、そして日本関連の書籍や資料が
充実している図書館も大変人気。グロ-バル化の進むいまだからこそ、日本人としてだけでなく
アジアで暮らす地球人として、異なった視点からもう一度日本という国を見つめ直してみる
ということも必要不可欠なのでは。

セ-ヌ河やエッフェル塔、そして
アジア.オセアニア.アフリカの原始文明にスポットライトを当てた展示で大人気の国立美術館
musée du quai Branly(ケ.ブランリ-美術館)
にも程近し。

ショッピングやグルメなどばかりでは語りきることの出来ない
ひと味違ったパリ観光はいかがでしょう?
[PR]
by mitatejapon | 2009-11-12 11:11 | パリ スケッチ | Comments(0)

こんなシーンに会いたくなって 



Tokyo に暮らしていて

ときどき 足りないなあ、と感じるもの .....


d0090600_172330100.jpg

静寂と闇に包まれた 静かなひととき .....。

St-Sulpice .Paris
[PR]
by mitatejapon | 2009-11-10 17:22 | パリ スケッチ | Comments(2)

Yves Saint Laurent



イヴ.サンロ-ラン 。。。。。



http://fr.youtube.com/watch?v=VwuuWiKn5ik



21歳にして、名匠クリスチャン.ディオ-ルの後継者という重責を担い

オ-トクチュ-ルの世界で活躍。その後、1961年に自身のオ-トクチュ-ルメゾン

を設立し、1966年に「イヴ.サンロ-ラン リヴ.ゴ-シュ」というブランド名で

女性物のプレタを発表。リヴ.ゴ-シュという名の通りパリ左岸にブティックを

オ-プン。

オ-トクチュ-ル(高級注文服)とは無縁の知識階級や学生の

溜まり場でもある パリ左岸。このパリ左岸の街をあえて選んだことは

サンロ-ランの先見性.革新性の証明とも言えます。

ちなみに、サンロ-ランの長年の盟友.カトリ-ヌ.ドヌ-ヴも

パリ左岸、それもブティックのごくごく近所の住人です。

オ-トクチュ-ルの伝統的な技術を用いながらも 常に先鋭的な感覚を取り入れて

いった サンロ-ラン。


現在の女性のファッション.シ-ンにおいて欠かせないものの一つでもある

パンツスタイル。  この礎を築いたのも、実は サンロ-ラン なのです。

男性のタキシ-ドに着想を得た パンツス-ツ 「スモ-キング」を

1966年に発表、女性のパンツスタイルそのものを公的なものとして認めさせ

これが新しい時代の働く女性に絶大な支持を受け、瞬く間に世界中に拡がって

いきました。それ以前では全く考える事も出来ない衝撃であったとも言われております。

それ以後も、抽象画をデザインに取り入れたモンドリアンルック、サファリ.ス-ツ

シ-スル-など革新的なスタイルを次々に打ち出していきました。

サンロ-ランは まさに 革新の象徴といった存在でもあったわけであります。


こうした華やかな表舞台とは対照的に、繊細な芸術家肌のサンロ-ランは

常に孤独や不安と戦っている人でもあり、自分の仕事は裏方だからと、人前に

出るのを嫌い、ショ-の最後にはいつも小さな花束を持ち、スタッフに背中を押される

ようにしておずおずと舞台に上がっていく姿、テレビなどでよく目にしておりました。


モ-ド界の激しい潮流と、芸術を追い求める心 との狭間に 常に身を置かれていた

サンロ-ラン、晩年は舞台で喝采を受けても決して笑うことはありませんでした。


2002年にモ-ドの世界を引退後は、二度とデザインの筆を取ることもなく、ほとんど

人とも会わずにスタジオに閉じこもり、過去の資料を眺めながら一人過ごすことが

多かったそうであります。



イヴ.サンロ-ランが常々語っていた言葉 


「女性の体、しぐさ、振る舞い、そしてその人生に貢献出来たなら....。」




流行の後ろには 常にこうした 先達の 苦悩と戦いの 歴史ありきなのですよね 。。。。



d0090600_16422661.jpg



2008年 6月1日、71歳で逝去された、イヴ.サンロ-ラン。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます 。。。。。。
[PR]
by mitatejapon | 2008-06-27 09:30 | パリ スケッチ | Comments(2)


2%骨董、98% funky stuff ...
古民藝.骨董 mitate
古民藝.骨董
Gallery ULALA
店主の日常

掲載写真.テキストの
無断転載はお断り致します。 

facebook 

instagram
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
こんばんは、murmur..
by mitatejapon at 22:46
こんばんは、mitate..
by murmur1 at 18:55
よっしーなさん、明けまし..
by mitatejapon at 22:48
今年も飛躍の年となります..
by yossina-lani at 11:19
murmurさん 明け..
by mitatejapon at 14:39
あけましておめでとうござ..
by murmur1 at 22:52
よっしーなさん、またチャ..
by mitatejapon at 19:19
東京国際フォーラムですね..
by yossina-lani at 12:28
こんにちは、murmur..
by mitatejapon at 15:44
ひゃ〜、そうですか。 ..
by murmur1 at 23:11
最新のトラックバック
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
http://yanes..
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
番外はらっぱ市
from 谷根千ウロウロ
You TubeがWii..
from 生活のキーワード
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧