mitate magazine



<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


Japanese Beauty  




にんげんの 美しさ、って 外見だけで

簡単に判断できるものではないのだとおもう 。。。。。



どんなに高価なもので着飾り、お召かししたとしていても、立ち居振る舞いに

周りの方への 思いやりが欠けていたり、そこにその人の優しさ.温かさ

みたいなものを感じることが出来なければ、それはただただ空虚なだけだろう。




d0090600_1161819.jpg




d0090600_1163664.jpg




d0090600_1165484.jpg




d0090600_1171131.jpg




d0090600_1172814.jpg




d0090600_1174621.jpg




d0090600_1181548.jpg




d0090600_1182871.jpg




d0090600_1110989.jpg



d0090600_1185937.jpg



若かりし頃は、外見を装うことばかりに陥りがちだけど

そのひとらしい装いみたいなもの って、ほんとうのところは内面からじわじわと

滲み出てくるものなのだろう。そのひとなりの哲学やスタンダ-ドのようなものを

持っている方のファッションやスタイルって、やっぱり真似の出来るものではないし

格好良いものだもの .......。


にほんの冬には やっぱり お洒落が良く映える。

着物をお召しになっている方の凛とした表情もいまの季節には良く似合うものだ。

なんだか急に 美味しいお茶がいただきたくなってきたぞ 。。。。。



※撮影に ご協力いただきました皆々様、誠にありがとうございました!!
[PR]
by mitatejapon | 2008-11-28 17:08 | 日本の美 | Comments(12)

絵心 。。。。。



d0090600_16294124.jpg

こんなに 小さなものかも しれないけれど ......

d0090600_1630621.jpg

これだって 立派な ア-トだとおもう 。。。。。




d0090600_16302170.jpg

小っちゃな 小っちゃな マッチ箱ア-ト 。。。。。。


若手ア-ティストによる 手作り作品。

中のマッチにまで小さな顔が描かれていたりして、おもわず笑みがこぼれてしまう。

こういう自由さ、って なんだかとっても素敵だな 。。。。





d0090600_16304529.jpg

こちらは 女優 Juliette Binoche ジュリエット.ビノシュ が

表紙のイラストを描いた フランスの雑誌 「CAHIERS CINEMA」

才能に溢れている方は、どうしたって一つのところには収らないものなのだろう。




d0090600_1631250.jpg

バ-ニ-ズ.ニュ-ヨ-クのイラストなどでも一世を風靡した

Jean-Philippe Delhomme ジャン.フィリップ.デロ-ムの 

ポラロイド写真風のポ-トレ-ト集。

ぱらぱら 眺めているだけでも、なんとなくお洒落して

旅に出掛けたくなるような気分に誘われる 。。。。




真っ赤に染まった夕焼けや、燃えるような山の紅葉などを目にしたときに

あ~ なんて美しいのだろう .....、と多くの方が感じるように

本来、絵心のようなものって、きっと 誰の心の中にだって

備わっているものなのだとおもう。

それなのに 大人になるのに従って、いつの頃からか多くの方が

絵を描くことを止めてしまう。 かく言う わたしもおんなじなんだけど。

なんだかこれって非常に残念なことに思えてならない。

また ときどきスケッチブックを持って旅に出てみよう。

心のドアを もっともっと開いてあげよう 。。。。
[PR]
by mitatejapon | 2008-11-25 17:08 | 古いもの | Comments(2)

"L'homme 100 têtes"



なにを 隠そう

一昔前の mitate は、上から下まで 全身 黒尽くめのファッションに身を包み

肩までかかった カ-リ-.ヘア-を 風に靡かせ、漆黒のオ-トバイで

黒豹のごとく 街を過ぎ去る、ばりばりのバイカ-ズだったのです.....。


「青山通りの 風になる!!」

なんて 当の本人は 感じていたのですけれどもね。(ふう〜,非常に遠い目...)



当時の わたしを知っている方々に、久方ぶりにお会いしますと

皆、一様に 驚きの声をあげられます。

「えっ、あなたほんとうに mitate君? 髪の毛、切っちゃったの?」



オ-トバイに乗ることを止めてから、なんとなく髪の毛を短くカットしまして

現在は ファッションもヘア-.スタイルも至ってノーマルなスタイルに

落ち付いております。 ほっ ・・・・・・・・・。


自分で 当時の写真などを見ましても

「おう~~、このワイルドな野生児は一体 誰だ?」 なんて、相当の驚きを感じてしまい

ますので他人が見たら、「.....???」 なのも無理ないことです。ははは。


ヘアスタイルや、髭の有る.無しなどによりましても、男性の顔の印象って

ほんとうにがらりと変わるものですよね。


ショ-ト.カットにも飽きてきた頃だし、また髪の毛でも伸ばしてみようかなあ?


http://fr.youtube.com/watch?v=84eKQB2aQn8





d0090600_1434756.jpg



そうそう、こんな感じだったのです ...。(はあ〜,またしても遠い目...)


あっ、でも運転マナ-は 非常にジェントルマン.シップを心がけていましたよ。

無茶なことはしていなかった筈なのですが。 (こっそりと退散....)



自動車、オ-トバイを運転する皆様

セ-フティ.ドライブで 素敵な 三連休を お過ごし下さいませ 。。。。。
[PR]
by mitatejapon | 2008-11-21 11:43 | 谷中の情景 | Comments(10)

料理人を募る ......!!




大正14年に「星岡茶寮」という会員制料亭を始めた北大路魯山人。


魯山人が「星岡茶寮」を始めるに当り、その料理人を探している旨の記述を

したためた 小冊子を偶然目にしております 。。。。。



d0090600_1062873.jpg

                            桃山風椀:1944年



料理人を募る


応募の資格。

日本料理と限らず、美的趣味を持っている人。

絵画、彫刻、建築、、工芸等、芸術に愛着を持ち、今日まで食物道楽で変人扱いを
世間から受けるくらいの人。

そうして非常に健康な体を持った人。

時と場合、人柄と嗜好とを考えて臨機応変の料理をこしらえる。この気転と、そして美味を
解する人、後世天下に名料理人として名を遺す料理人をたった一人でもいいから見つけ
たいと思います。

(「料理人を募る」  「星岡」 35号より)




d0090600_9595563.jpg

                           鉄製置行燈:1949年



魯山人が常々語っていたといわれている言葉。


「富士山には頂上があるが、味や美の道には

 頂上というようなものはまずあるまい。」



芸術的感覚に人並み外れた才能を持っていた魯山人。

しかしその人物評は、傲岸不遜な男、という言葉が常に付きまといます。

剃刀のような鋭ど過ぎる感覚、他者のみならず己に対しても

どんなことがあっても決して嘘のつけなかった男 ....。


独立独歩、孤立無援、美を追究し続け、常に人知れぬ戦いの中に

身を置き続けていた生涯だったのでしょう 。。。。。



希代の 書家.陶芸家でもあった魯山人、食通としてもまた大変に有名でありました。

随筆などからも、日常の食事.暮らしにまでも細かな配慮をしていたことが伺い知れます。

そんな魯山人が、自身で料亭を始めるに当ってのいわば求人広告。


なんだかとってもこの方らしい文面だなあと興味深く読ませていただきましたので

皆様にもほんの少しだけ お裾分け 。。。。。



d0090600_1065479.jpg

                           双魚絵平鉢:1935年

写真:魯山人の作品の数々。何必館カタログより



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by mitatejapon | 2008-11-18 20:59 | 日本の美 | Comments(6)

ARIGATO




d0090600_1022233.jpg





品格を 持ち続ける、ということ ......。

More ←
[PR]
by mitatejapon | 2008-11-15 10:31 | 谷中の情景 | Comments(20)

秋桜 コスモス




秋も深まる この季節


いつも あの日の出来事を 思い出してしまう 。。。。。




http://fr.youtube.com/watch?v=nb-PvxXRsNM&NR=1



d0090600_14491662.jpg



以前、山手線の車内で この歌を

イタリア人女性の友人と聞いていましたところ、突然 彼女の目から大粒の涙が

溢れてきては頬を伝い、そのうちに大きな声をあげて泣き出されてしまいました。


お母さん想いの 美しい彼女。

彼女自身も ちょうどこの歌と同じ様な状況にあったこともあり、おもわず感極まっての

ことだったのでしょう。隣にいた私は、ただただ彼女を抱き締めてあげることだけしか

出来ずにおりました。自分の無力感が無性に情けなかったなあ、あの時は......。


周囲の方々は、何があったのだろう? という感じで こちらをちらちらと見ているし

彼女はいつまで経っても泣き止まないしで、なんだかこちらまで

泣きたくなっちゃったっけ .....。


名曲と呼ばれるもの、って 国籍や文化の違いさえ 飛び越えてしまう

なにかが やっぱりそこにはあるものなのでしょう。


この曲を聴くと、そんな出来事が 昨日の事のように、頭の中をよぎります 。。。。。
[PR]
by mitatejapon | 2008-11-12 11:26 | Japon | Comments(6)

"DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD"



四人の若者が、米国ノ-スカロライナ州のとあるダイナ-でカウンタ-席に

腰掛けた。黒人の大学生である。しかしそこは白人専用の椅子であった。

オ-ダ-したコ-ヒ-は出されず、罵声を浴びせられ、つばを吐きかけられた。

それでも四人はじっと堪え、大学のテキストを読み続けていた。

1960年代初めの出来事だった。

差別に果敢に挑んだ彼らの行動は、その後米国各地に拡がり、公民権運動の象徴

ともなった。奴隷制度廃止以降も無惨に虐げられ、命さえ奪われてきた不条理の歴史。


彼らの取った行動は、最初はほんの小さな抵抗だったのかもしれない。

だけど 小さな小石だって、水面に落ちれば だんだんと波紋を広げていくように

それは壮大な形となって、半世紀後には合衆国の姿さえ変えてしまった。



  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 


http://fr.youtube.com/watch?v=5T3FXFnoTzE&feature=related


d0090600_11242564.jpg

NINA SIMONE/"DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD" (1964)





  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




Young and old, rich and poor, Democrat and Republican, black, white, Hispanic, Asian, Native American, gay, straight, disabled and not disabled, Americans have sent a message to the world that we have never been just a collection of red states and blue states. We have been and always will be the United States of America. It’s been a long time coming, but tonight, because of what we did on this day, in this election, at this defining moment, change has come to America.
2008年11月5日.バラク.オバマ、大統領選勝利宣言より抜粋



  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



バラク.オバマのスピ-チも、ニ-ナ.シモンの囁きも

何度 聞いても、いつも心を揺さぶられる何かがそこにはある。


生きるということは、歴史を目撃し,記憶に残し続けていく

ということでもあるのだろう 。。。。。



※11/17.追記

 上記の文中に リンクいたしました

 NINA SIMONE/"DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD" (1964) のビデオは

 現在 you tube では、視聴不可となってしまいました。しかし その歌声はほんとうに

 心を震わせるものがあります。もしどこかで耳にされる機会がございましたら是非お聞きに
 
 なられてみて下さい 。。。。。。
[PR]
by mitatejapon | 2008-11-10 17:37 | ワ-ルド レポ-ト | Comments(3)

米田知子展





An End is A Beginning   終わりは 始まり 。。。。。




d0090600_16242186.jpg




原美術館の 米田知子展へ出掛けてまいりました 。。。。。

More ←
[PR]
by mitatejapon | 2008-11-08 11:26 | 展覧会情報 | Comments(4)

I have a dream .......



アメリカ大統領選、蓋を開けてみますと

バラク.オバマ氏の圧倒的な勝利でありましたね。


深刻な経済危機真っ直中における政権発足、山積みの外交問題と

前途多難な状況ではありますが、アメリカ国民はオバマ氏の若さと

変革路線を期待し,そして選択したのでしょう。

オバマ氏のスピーチにも聴衆は熱い想いを感じていましたよね.

歴史が塗り代えられた瞬間を目の当たりにした喜びを感じつつも

これからの動向を注意深く見守っていきたいと思います.




<u>http://www.youtube.com/watch?v=9IPHNcVqIIY&eurl=http://pictureyear.blogspot.com/2008_02_01_archive.html



d0090600_1528375.jpg



Martin Luther King jr が、凶弾に倒れてから早や40年。

いまこうして再び耳にしましても、実に心に沁みるスピ-チですよね。


世界はこれから どういう方向へと向かっていくのだろう 。。。。。。
[PR]
by mitatejapon | 2008-11-06 11:38 | ワ-ルド レポ-ト | Comments(2)


2%骨董、98% funky stuff ...
古民藝.骨董 mitate
古民藝.骨董
Gallery ULALA
店主の日常

掲載写真.テキストの
無断転載はお断り致します。 

facebook 

instagram
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
こんばんは、murmur..
by mitatejapon at 22:46
こんばんは、mitate..
by murmur1 at 18:55
よっしーなさん、明けまし..
by mitatejapon at 22:48
今年も飛躍の年となります..
by yossina-lani at 11:19
murmurさん 明け..
by mitatejapon at 14:39
あけましておめでとうござ..
by murmur1 at 22:52
よっしーなさん、またチャ..
by mitatejapon at 19:19
東京国際フォーラムですね..
by yossina-lani at 12:28
こんにちは、murmur..
by mitatejapon at 15:44
ひゃ〜、そうですか。 ..
by murmur1 at 23:11
最新のトラックバック
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
http://yanes..
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
番外はらっぱ市
from 谷根千ウロウロ
You TubeがWii..
from 生活のキーワード
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧