mitate magazine



落書き!!(movie)



you tube から。


とてもよい雰囲気を感じます。

流れている音楽もクールです。

ストーリーがあり、最後に落ちがあるところなど流石です。

外国の方々にもお勧めです。


<b>http://www.youtube.com/watch?v=jtzdxseO-gs
d0090600_17401321.jpg

[PR]
# by mitatejapon | 2007-01-18 10:31 | 動画 | Comments(0)

La tour Eiffel !!


エッフェル塔です。


パリ屈指の観光名所でありますが、2006年にここを
訪れた人の数がおよそ670万人に達し、年間の訪問客
としては過去最高を記録したそうであります。

以前は自殺の名所でもあり、毎年多数の方々が塔の上から
飛び降りていました。

大阪の初代の通天閣のモデルにもなりました。

いつ訪れてみても観光客の長い行列が絶えません。
d0090600_1013855.jpg

[PR]
# by mitatejapon | 2007-01-17 10:14 | パリ スケッチ | Comments(0)

重箱!!


d0090600_16253752.jpg



重箱です。

日本のお正月には欠かせないものでありますが、最近は
全く売れないものの一つでもあります。

何故なのでありましょうか?

大変に軽いし、何を盛ってもよく映えます。そして何といっても
存在感があります。

お手入れだって、普通の食器と同じように洗えます。
ただし濡れたままにせずに、乾いた布で直ぐに水分を拭ってあ
げるだけです。それほど大変ではないですよね。

ちょっと発想を変えて、玄関先にでも置いてみませんか。

そして帰宅したら、ポケットの中の細々したものをこの中に入れてみたら
どうでしょうか。

あなたのアイデア次第でまだまだいろいろな遣いようがあるかと思います。

文化を引継いでいくとはこういう事なのではないでしょうか。
[PR]
# by mitatejapon | 2007-01-16 16:43 | 古いもの | Comments(2)

from paris5


日本からフランスに参りまして一番辛い事は? と申しますと.

旅行者が必ず立ち寄る場所での,サービスや,持て成しの気持ちと
いったものをほとんど感じられない事です.

誤解の無い様に言っておきますが,全ての場所がそうだと言っている訳では
ありませんし,友人/知人の家に招かれたときなどは,涙が出そうになるほど
暖かい持て成しで,迎えていただくことばかりであります.

例えば,空港に到着して市内に出ようとしても,案内らしきものは殆ど有りません.
やっとのことで駅に到着しますが,エスカレーター等は無いに等しく,重いトランクを
引きずりながら階段を上らなければなりません.改札を出ようとしましても,大型の
トランクが通れるスペースもありません.
気を取り直して,レストランに向かいますが,ギャルソンはなかなか注文を取りに来て
くれません.30分位待たされる事もざらでありますし,来てくれても不機嫌な方が多く
逆にこちらが気を遣ってしまいそうになる事も有ります.

それではと,都会を抜け出し田舎に向かいます.
今回は奮発してファーストクラスの列車で3時間の移動ですが,その間一度も車内販売
は有りません。もちろん自動販売機などはありません.

それでもホテルに着けばと..........,
何たって今回はフランスでも有数のリゾート地で,最高級と言われているタラソテラピー
付きのグランドホテルを予約して有るんだからと,気を取り直しますが...........,

チェックインしてみますと,何とも狭い部屋に、これまた狭いベッドが並んでいるだけの
殺風景な部屋です.

まあ風呂にでも入ろうかと,裸になりますと,急に部屋がノックされます.
裸ですので、ちょっとお待ちをと言う間も与えられずに、いきなり外から解錠されてしまいます.
そこには笑顔の客室係がいて,チェックインの際にチョコレートをお渡し出来なかったのでと
一言.   裸のままただ呆然としている私.    もちろん謝罪の言葉は一言もありません.

チェックアウトは正午なのですが,朝も10時30分頃から、何回か外から解錠され、件の客室係がやって来て、ベッドメーキングだけでもさせてもらえませんかとの催促が.
断固として断り、バルコニーでゆっくりとお茶を飲んでおりますと、何となく部屋に人の気配が
します.
驚いて見に行きますと、別の客室係が居て、次のゲストのために、お部屋に水と、ワインをお持ちしましたと、悪びれた様子も無く言い放ちます.
まだ私達が滞在しているのにも関わらずにですよ.
堪忍袋の尾が切れて,抗議をしましたが、ここでも謝罪の言葉は一言もありません.

このホテルは、現在フランスで大変に評判の良いホテルで予約の取りにくいホテルと言われており,宿泊料金も,日本の最高級ホテルと同等クラスであります.
それなのに,このような有様であります.

一体フランスで快適に過ごそうと思ったら,いくらお金を投資したらよいのでありましょうか?

フランスは現在のところ世界一の観光立国であります.それなのにサービスという観点からみますと,大変に遅れている国だと思わざるを得ません.

フランスは、私の第2の祖国でもあります.

それ故の厳しい批評であります.
[PR]
# by mitatejapon | 2007-01-06 06:01 | パリ スケッチ | Comments(2)

from paris4


今日のパリは,晴れたり,曇ったり,小雨が降ったりの天気ですが
気温が10度近くありましたので,室内に入りますと少々汗ばむような
感じです.

少し前には,パリの街中を歩いていますと,どこでもよく日本の方にお会い
したのですが,今は圧倒的に中国の方々であります.

ルイ.ヴィトンを訪れるお客様も,今まではいつも日本人がトップだったそうですが
昨年は,初めて中国の方々が上回っていたそうです.

パリの骨董のオークションに出掛けてみましても,よく中国の方々にお会いします.

またレポート致します.
[PR]
# by mitatejapon | 2007-01-04 05:56 | パリ スケッチ | Comments(0)

from paris3


明けまして御目出度うございます.

お正月のひと時を如何お過ごしでしょうか?

年末から新年にかけてを,ノルマンディーとブルターニュ地方で過ごして
参りました.

昼間の気温は10度近くあるために快適なのですが,夕方になると急に強風が
吹き荒れ,暴風雨となります.

海辺のホテルに滞在していたのですが,迫り来る波と風に恐怖すら感じました.

フランスでは,多くの人々は,大晦日の晩にゴージャスなパーティーを催して,朝まで
大騒ぎをします.海岸では花火が打ち上げられ,人々は新年を祝います.

元旦は,皆さん二日酔いで,街もひっそりとしております.

そして,2日からは,またいつものように仕事に戻る人が多くなります.

パリの街角にはクリスマスツリーがあちこちに捨てられております.

またレポート致します.
[PR]
# by mitatejapon | 2007-01-03 18:52 | パリ スケッチ | Comments(0)

from paris 2


今朝のパリは晴れております.

気温は0度位でありましょうか.

外に出ますと,耳と鼻がぴりぴりと感じます.

サンジェルマンにある,大変お洒落な男性の洋服店を覗いて参りました.

今シーズンのパリの男性の間では,グレーが流行しているようです.

ニュアンスの異なるグレーを重ねて,スカーフや帽子でアクセントを付けていく

そんな感じでありましょうか.

またレポート致します.
[PR]
# by mitatejapon | 2006-12-29 18:22 | パリ スケッチ | Comments(0)

from paris


フランスに滞在しております.

クリスマスをフランス東部のアルザス-ロレーヌ地方で過ごし
昨晩,パリに戻って参りました.

昨日まではとてもよい天気でしたが,本日はどんよりとした曇り空
です.気温は2度位でありましょうか.

あちこちの家の暖炉の煙突から煙が出ております.

パリの曇り空と同じように,道行くパリの人々も厳しい表情のように思えます.

午後,バスティーユにあるとてもお洒落なカフェでコーヒーをいただきました.

値段は,5ユーロ(約800円)でした.

ユーロになってから大変に物価が上がっているようです.

またレポート致します.
[PR]
# by mitatejapon | 2006-12-28 18:05 | パリ スケッチ | Comments(0)

お休みのお知らせ!!


今月も,第4日曜日の富岡八幡宮の骨董市は、開催されますが
mitate japon は、お休みとさせていただきます.

年内は誠にありがとうございました.

次回は、1月28日に出店する予定でおります.

今年も残すところあと僅かであります.お風邪等召しませぬように.

merry christmas and a happy new year!!

ciao!!
[PR]
# by mitatejapon | 2006-12-23 22:57 | お知らせ | Comments(0)

風景画

d0090600_1925847.jpg


誰が描いた絵だと思いますか?

英国の故ウィンストン・チャーチル元首相が、1951年にモロッコのマラケシュで描いた
風景画です。

先日、ロンドンのサザビーズで競売に掛けられ、予想を大幅に上回る61万2800ポンド
(約1億4千万円)で落札されました。

元首相は、ノーベル文学賞受賞するなど多才な事で知られ、別の絵が30万ポンド以上で
落札された事もあったようです。
[PR]
# by mitatejapon | 2006-12-22 19:02 | ワ-ルド レポ-ト | Comments(0)


2%骨董、98% funky stuff ...
古民藝.骨董 mitate
古民藝.骨董
Gallery ULALA
店主の日常

掲載写真.テキストの
無断転載はお断り致します。 

facebook 

instagram
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
こんばんは、murmur..
by mitatejapon at 22:46
こんばんは、mitate..
by murmur1 at 18:55
よっしーなさん、明けまし..
by mitatejapon at 22:48
今年も飛躍の年となります..
by yossina-lani at 11:19
murmurさん 明け..
by mitatejapon at 14:39
あけましておめでとうござ..
by murmur1 at 22:52
よっしーなさん、またチャ..
by mitatejapon at 19:19
東京国際フォーラムですね..
by yossina-lani at 12:28
こんにちは、murmur..
by mitatejapon at 15:44
ひゃ〜、そうですか。 ..
by murmur1 at 23:11
最新のトラックバック
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
古道具のある暮らし
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
http://yanes..
from 谷根千ウロウロ
Gallery ULAL..
from 谷根千ウロウロ
番外はらっぱ市
from 谷根千ウロウロ
You TubeがWii..
from 生活のキーワード
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧